ツナの備忘録

ツナの備忘録

旅行と語学の備忘録

賛否両論 トンレサップ湖ツアーへ (カンボジア)

こんにちは、ツナです。

 

シェムリアップ3日目は

トンレサップ湖に行ってきました!

 

 

トンレサップ湖とは?

トンレサップ湖とは、

シェムリアップから車で約1時間ほどのところにある

東南アジア最大の湖です。

 

人々が、湖に浮かぶ家で生活をしています。

雨季には、家の支柱が隠れる所まで水がたまるので、

本当に、湖に家が浮いているように見えます。

 

人々の、そんな水上生活を見てみたいなぁと思い、

今回、私も行ってみることにしました!

 

人様のブログでツアーの世論調査。 

予め経験者の方のブログなどを読んでいたのですが、

内容は賛否両論

 

いいと言う人ももちろんたくさんいますが、

住民達が観光船に近づいてきて、

無理やり寄付をねだられるなどの口コミも発見しました。

 

いろんな意見があって、

正直、うーん、どうしようかなと

行こうかどうしようか迷いました。

 

ただ、せっかくカンボジアまで来て

行かないで公開するのは嫌だったのと、

無理矢理寄付をねだられたら、

地球上にそのような現状があるということを

体感できるからいいんじゃね?

っていうノリで、

決行してきました!

 

決意して、ツアーに申し込む。

個人でもいけますが、私はツアーに申し込みしました!

 

ツアーは、

ホステルのツアーデスク

もしくは

路上のフリーインフォメーションセンター

予約ができます!

 

路上のインフォメーションセンターは、

私の、狭い行動範囲内でも、

2箇所発見できました。

 

f:id:shinuyaru:20161228003941p:image

(「ママチャリwith 麻のかご」もここで借りられました!)

 

価格に要注意!

ここで予約できるトンレサップ湖ツアーは、

半日で

ホステルまでの送迎

船代、飲み水代

18ドル

 

私は、
「他のところで14ドルと言われた。」
と言って14ドルにしてもらいました(笑)

 

ドケチ精神は、どこに行っても忘れません。

 

 

いざ、トンレサップ湖へ!

午前は8時に迎えが

午後は14時に迎えが来ます。

 

午前中にツアーの予約を済ませておき、

14時の迎えに備えてゆっくり準備。

 

14時半ごろに迎えが来ました。

ミニバスで、中は15人くらいの人がいました!

 

そこから1時間ほどでトンレサップ湖に到着です。

 

トラップにはご用心

 

到着と同時にガイドさんが、

「1人5ドルずつ、船代を払う必要があります。」

と言ってくるかもしれませんが、流してオッケーです。

 

実際私たちは、

「え?払う必要ないって聞いたけど?」

と抗議しました。

 

それを聞くとガイドさんは、笑顔で、

「今のは冗談だよ!」

と言ってきましたよ(笑)

 

ガイドさんも、しれっと

ぼったくろうとしますから、注意してくださいね!(笑)

 

追加料金なしで無事に船に乗り込み、

いざ出発!

f:id:shinuyaru:20161228005557j:image

 

と思いきや、

 

アクシデントも想定下さい。

その日は人数が多かったらしく、舟が重いのかなんなのか、

エンジンが弱くてなかなか船が動きません。

 

f:id:shinuyaru:20161228005650j:image

横を軽々通り抜けて行く、小さい船たち。

 

小さい船に乗りかえさせてよ、、、

と思いながら待つこと30分。

無事に運転手さんがエンジンを直しました。

 

こういうところで毎回感動するのは、運転手さん自身がエンジンを直せるっていうところです。

 

前のバンコクシェムリアップのバスもそうでした。(後編 灼熱の陸路国境越え(バンコク→シェムリアップ) - シヌヤルブログ

 

日本だったら誰かに電話して

専門の人に直しに来てもらうんじゃないかと思います。

 

そう言った意味で、こっちの人は生きる力がある。日本人より。

そう感じてしまいました。

 

いざ、本当に本当に出発!

出発すると、

水上の家や水上生活している人々を

見ることができました。 

 

乾季のため、水はだいぶ少ないです。

f:id:shinuyaru:20161228011049j:image

 

雨季(5月から10月)には、家のギリギリのところまで水が溜まるそうですよ!

 

f:id:shinuyaru:20161228011047j:image

 

ボート体験もあります。

途中、木々の間を通る小さいボートにも乗ることができます。

2人乗り1人5ドルずつ。)

f:id:shinuyaru:20161228011324j:image

 

私は1人だったので、ボート体験はせずに、船で待機。

 

すると、ボートに乗らない人はレストランへ連れていかれます。

 

レストランは、注文しなくても何も言われないので、

ただ座っているだけで大丈夫でした!

 

出会いもあります。 

そこで隣に座った人が、

偶然、1人旅仲間。

(そうかなぁー?と思いながら隣に座りましたが(笑))

 

韓国人のスーちゃん(仮)という女の子でした。

ツナは韓国ドラマが大好きなので、

今、韓国でやってるドラマの話で意気投合。

 

一緒に船に乗り込んで、夕日を見に行きました!!

 

レストランまでは、船の1階にいましたが、スーちゃんと一緒に今回は2階へ!

f:id:shinuyaru:20161228013605j:image

船からの眺め。2階からのほうが開放感がありますね!!

レストランから、夕日ポイントに向けて進みます。

 

夕日でフィナーレ! 

 

夕日ポイントにつくと、

f:id:shinuyaru:20161228013803j:image

ばばーん!!!

地平線に夕日が降りて行く様子を、

本当に綺麗に、眺めることができます。

 

f:id:shinuyaru:20161228014201j:image

 

本当に綺麗です。

言葉ではうまく表せないほど。

 

地平線が見えるってまさにこれですね。

 

夕日が沈むのを最後まで見届けたら、

ツアーのことを振り返りながら、来た湖を戻ります。

 

いやー、綺麗だった。

 

来た道を帰る途中、

真っ暗な地上から、輝く星を見ることもできましたよ!

帰りは星が綺麗すぎて、寝る間もありませんでした。

(ずっと上を見すぎて、その後、首が痛くなったのは秘密です(笑))

 

 

 実際どうなん?トンレサップ湖ツアー

 

ネットでは、

*学校に連れて行かれて、無理矢理、寄付金を払わされる

*観光船の両側に子供達がやって来てお金を求めてくる

 

などなど、ネガティブな意見が多く書かれていたので

ヒヤヒヤしていました。

 

しかし私には、そのようなことはありませんでした。

 

申し込むツアーによって、

行くところや内容が違うのかもしれませんね。

 

確かに、住民たちの近くを通るときは、

みんな手を振ってくるので、

お金欲しいのかなーという雰囲気は感じ取りましたし、

ガイドさんはちゃっかり5ドルずつぼったくろうとしてきましたし、

船のエンジンは30分かかりませんでしたけど、

 

私にとっては大満足なトンレサップ湖ツアーとなりました!

 

スーちゃんと同じミニバスに乗り込もうとすると、

行きと同じミニバスに乗るようにと言われましたので

 

夜の予定と待ち合わせ場所を約束し、

行きに乗った、別々のミニバスに

それぞれ乗り込みました。

 

続く!

 

2016.12.27 ツナ