読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後編 灼熱の陸路国境越え(バンコク→シェムリアップ)

東南アジアバックパッカー

こんにちは、ツナです!

 

すっかり忘れていましたが、今日はクリスマスイブですね!

現在ベトナムにいるツナは、クリスマスプレゼントとして

バイクのマフラーで火傷する

という贈り物をもらいました(笑)

いらない、、、

この日記は、後日、写真付きで更新します!(笑)

 

さて、タイからシェムリアップ行きのバスに乗り込み、

いざ!カンボジアシェムリアップへ。

 

前編がまだの方は、

ぜひこちらからお読みください!

前編 灼熱の陸路国境越え(バンコク→シェムリアップ) - 死ぬまでに やりたいことを やるブログ

 

いざ、バスに乗り込むと

 

隣の席にはすでに乗客が!

 

名前はジェニ姉さん(仮)

フィリピンから来たそうです。

 

1人で席を広々使いたかったんですけど、この日は満席だったので、残念でした。

 

(このあと結局仲良くなるので、むしろ相席できてよかったです(笑))

 

バスは予定通り発車しました。

 

走り出して30分もしないうちにご飯が!!

f:id:shinuyaru:20161223175543j:image

ちょっとわかりづらい写真ですね(笑)

 

左から

オレンジジュース、シフォンケーキ?、コーヒーです。

 

お腹が空いていたので、

食べて飲んでお腹がいっぱいになったら、

ぐっすり寝ることができました。

 

Zzz

Zzz

 

ふと、暑いな〜と思って目を覚ますと、

高速道路の道沿いで

バスが止まっていました。

 

ん?

暑いし、何かがおかしいぞ?

 

何が起きているのかわからなかった私は、

 

とりあえず隣のジェニ姉さんに聞いてみます。

 

そこで発覚。まさかの

バスのエンジン故障!!

 

まあ、JAF的なのが来てすぐに直してくれるだろう。

と、眠りにつきます。

 

30分後、

 

また、暑いなーと思って起きると、

まだ同じ場所でバスが立ち往生。

 

運転手が必死にエンジンを直していました。

 

JAF呼べよ、、、(笑)

 

そんな私の希望も虚しく、

結局3時間、私たちは高速沿いで待たされることになりました(笑)

 

バスの中は、体感温度40度。

ここはサウナか?

 

あまりにも暑いので外に出て待ちます。

f:id:shinuyaru:20161223211958j:image

 

最初は、

「サプラ〜イズ♩」 

と言っていた欧米系乗客もさすがに飽き飽き。

 

ジェニ姉さん、ご立腹。

 

私も、

いつになったら国境越えられるんだろう、、、せめてWi-Fiさえあれば、、、

 

と、ひたすらカンボジアの旅行本を読み続けました。(笑)

 

3時間後、

やっとバスが再出発!!

 

出発してくれないと困るんですけど、

自分でエンジンを直せる運転手さんにも

ちょっと感動。

 

とりあえずシェムリアップに着けそうで、一安心です!

 

 

 

お昼ご飯には、チャーハンが配られました!

f:id:shinuyaru:20161223214151j:image

 

 

と、ここで新たな問題発生!

 

 

その名も

「Smell of the hell(地獄の臭い)事件」

(ジェニ姉さん命名)

 

バスの再出発後、

サウナ状態だった車内にあるトイレから異臭が、、、

 

そうです。

もう耐え難い異臭でした。

 

 

寝るしかない、、、(涙)

 

そう悟った私は、無理やり眠りにつきました。

こんなに無理やり寝たのは人生で初めてでした。(笑)

 

 

そんなこんなで、国境に到着です。

 

f:id:shinuyaru:20161223213232j:image

 

国境沿いで、経験者のブログで予習済みの、

ぼったくりビザ発行マンがやって来ました。

 

私は、ここに備えてEビザを発行して行きました。(手数料含めて40USD

 

Eビザの発行方法については、後日掲載します!

 

あとでジェニ姉さんに聞くと、

アライバルビザについて

「1分で発行できたよ。」

と言っていたので、

現地で発行しても、全く問題なさそうでした!(30USDだったと言っていました)

 

歩いて国境を越え、カンボジアに入ります。

 

〈入国後〉

カンボジアに入った瞬間から、

何かをねだってくる子供達がいました。

 

一線国境を超えただけで、

こんなにも国の状況が違うのかとびっくり。

 

ただ彼らは、

「観光客にねだると飴(お金)をくれる」

とわかって、ねだっているような様子でした。

 

それが、私にとっては余計にショッキングでした。

 

国境は歩いて越え、

カンボジア側に待っている、バンコクから乗った同じバスに

もう一度乗り込みます。

 

f:id:shinuyaru:20161224082600j:image

予め、これを首にかけておくように配られるので

これを首にかけておけば、

その辺にいるバイクタクシーのおっちゃんが、場所を教えてくれました。

 

バスはカジノホテルの前に止まっていました。

 

先述のように、バス内のトイレは使いたくない状況になっていたので、

カジノホテルでトイレに行っておきました。(涙)

 

 

国境を越えたら、あとはシェムリアップへ向かうのみ! 

 

いろいろな事件があって、

「このバス、最悪だね。」のジェニ姉さんの一言から

彼女とはいろいろな話ができました。

 

彼女は、マンション経営で生計を立て、

世界中を旅しているそうです。

 

いいな〜、将来そうなりたいなぁ〜。

 

なんだかこの旅では、

いろいろな生き方を知ることができています。

 

その後も話が弾み、

次の日はジェニ姉さんと一緒に

アンコールワットの朝日を見に行くことにしました!

 

事件の多い陸路移動でしたが、

なんだかんだ有意義な時間になってよかったです(笑)

 

バス停に到着すると、

バス会社の提携なのか、

ホステルまで、無料で、トゥクトゥクで送迎してもらえました〜!

 

暗いところが苦手な私でも、

安心してホステルに行くことができました!よかった、、、

 

2016.12.24 ツナ