アユタヤへの行き・帰り

みなさんこんにちは。

 

中国人から、中国人に間違えられがちなツナです。

タイ人が、日本人と中国人の見分けがつかないのはわかるんですけど、

中国人から中国人に間違えられるって、結構凄いことな気がしてます。(笑)

今日だけでも5回、いきなり中国語でベラベラ話しかけられて焦りました。

 

この際、ペラペラになるまで勉強すべきな気がしてきました!!

 

タイ1人旅 3日目、アユタヤ遺跡の日記です。日帰りで!

 

今日は、アユタヤ遺跡への行き、帰りのことについて書いてみたいと思います。

 

というのも私、かなり苦戦したからです。

 

行きはロトゥー(ミニバス)、帰りは鉄道を利用しました。

 

〈行き:ロトゥー(ミニバス)〉

 

朝から、大大大大大苦戦。

 

あらかじめ経験者のブログを読んで、だいたいロトゥー乗り場の場所は把握していたんです。

その場所というのは、

ビクトリーモニュメント駅。詳しい場所も下調べして行きました。

 

しかし、

実際に行ってみると、

あるはずのチケット売り場が

 

ない。

 

場所が変わったのかな〜?と思いながら、

ぐるぐるぐるぐる

 

人に聞いては

ぐるぐるぐるぐる

 

やっぱりない。

 

そこで、「元チケット売り場」の横にあった屋台のおっちゃんに

「ロトゥー、ロトゥー」

って聞いてみたら、

「モーチット、モーチット」と返事。

 

よくわからなかったので、駅まで戻って駅員に聞いてみると、

「この駅にはない。モーチット駅に行ってください。」と。

 

あぁ、おっちゃんが言った「モーチット」ってそういうことか〜!と納得はできたのですが、

 

なんでビクトリーモニュメント駅に

ロトゥー乗り場ないの?

 

ガイドブックにがっつり書いてあったんだけど!!!!

 

ってか、最初から道行く人じゃなくて

駅員に聞くべきだった、、、。

 

 

土日だからか、なんなのか、

(この日は日曜日でした)

とりあえずビクトリーモニュメント駅からはロトゥーには乗れませんでした。

 

(その後出会った青年情報によると、変ったらしいです。本当かどうかは知りません)

 

しょうがないので、もう一度BTSに乗ってモーチット駅に向かいます。

 

もう駅員以外には聞かないことにしたので、

駅員に聞いてみると、

「77番のバスに乗れ。」 と。

 

いや、

「私、バスじゃなくてロトゥーに乗りたいんだけど。」

と言っても、

 

もう疲れたのか、

「セブンティセブン、セブンティセブン」としか言ってくれなくなりました。

 

ビクトリーモニュメント駅での探検で、

疲れきっていたので、

とりあえず諦めて目の前にあった公園へ。

 

f:id:shinuyaru:20161221134019j:image

 

綺麗だな、心が洗われる。

 

座って、一旦落ち着こうと努力します。

もうアユタヤに行くのはやめようか。

ふぅ〜。

 

でもせっかくここまで来たのだから、行ってみたい気もする

 

と思いながらバス停に行ってみます。

 

時刻表なるものは存在しないので、

「あと10分以内に77番のバスが来たらアユタヤに行こう」

と決めてバス停に立っていました。

 

すると、なんと来てしまったんです。

77番が。

 

うわぁ、乗るかぁ、、、

とりあえず9バーツ払って乗りますが、

Wi-Fiも下調べもないので

 

どうやって行くのか全くわからん。

 

バスに乗って、

「アユタヤ?アユタヤ?」

と言っても、

「座れ」的なボディーランゲージしか、くれません。

 

とりあえず座る。

 

すると観光客っぽい青年が乗り込んで来て、どこかに行くかどうか聞いているので、

もしかしてアユタヤに行くのかな、この人も

と思い、

「アユタヤ?アユタヤ?」

と聞いてみるも、

 

「知らん。」と一言。

 

うーわ、終わったわ。もう知らん。

 

なかばヤケクソで写真を撮ってみる。

f:id:shinuyaru:20161221132552j:image

 

ブレてますね、こころを反映してるのでしょうか?(笑)

 

もうアユタヤに行くのは無理だな。

 

 

 

今日どうしよう、何しよう。

 

 

 

と考えていると、バスの運転手がなにやら叫び出す。

 

バスの全員が降りたので、終点かな?と思い、降りてみる。

 

さっきの青年が手を振ってくれていたので(ちょっと優しい)、

とりあえずついて行くと、

 

 f:id:shinuyaru:20161221134650j:image

 

あ!!!!なんか見たことある!!!

バス移動の経験者のブログに良くのってる、「北ターミナル」だったんです。

 

これは、光が見えて来た!!

 

なんやかんやで18番カウンターでチケットを買いました。(70バーツでした)

 

アユタヤに行ける!!!

 

そう思いながらワクワクしていると、

 

近くのベンチに例の青年が座ってたのでちょっとお話。

 

中国から来てて、東南アジアを周遊してるらしい。

さっきは、「知らん」と一言返されて、

すごい冷たい人だな。と思ってたけど

実は優しい青年でした。(名前聞くの忘れました)

 

彼と話してると、彼も最初にビクトリーモニュメント駅に行ったらしく、

 

「今日はクレイジーな日だね。」

と言っていました。

 

彼曰く、

ロトゥー乗り場が変わって、ビクトリーモニュメント駅にはなくなったらしいです。

本当かどうかは、定かではありません。

 

ネット情報は分かりやすくて便利ですが、

いつのものなのか、

平日なのか土日なのか、

 

しっかり把握してから参考にすることを学んだツナなのでした。

 

アユタヤ行きのチケットは、バスのものかと思っていましたが、

乗り場にはロトゥーが待っていました!

 

ロトゥーに乗れれば

あとは寝てれば着きますので心配ご無用(^O^)

 

〈帰り:鉄道(アユタヤ→バンコク)〉

後ほど書く予定ですが、

アユタヤではトゥクトゥクをチャーターしたので、

鉄道の駅まで送ってもらいました。

 

駅で、「バンコク」といえば、チケットは買えます。

f:id:shinuyaru:20161221135448j:image

20バーツでした。安っ!!!!

 

時刻表

...Check Timetable & Fares : State Railway of Thailand

 

運良くすぐに鉄道が来ました。

f:id:shinuyaru:20161221135520j:image

 

20バーツの列車には、

クーラーがなく、席にも座れるかわかりません。でも安いです。(笑)

あと、相席する人とコミュニケーションとれるのが面白いです。

 

私はそこで、香港から来たマルちゃん(仮)とお話ができました。

 

彼女はなんと2年間旅をしているらしく、

タイは3ヶ月目だと行っていました。

 

こういう生き方、すごくかっこいいなぁーどうやってお金儲けてるんだろう?

 

聞いてみると、オーストラリアのワーホリで1時間30ユーロ貰えると。

 

そんな給料いいなら、私も将来行こう。(笑)

 

そんなことをしてると、いつのまにかバンコク市内 フアラポーン(Hua Lamphong)駅に到着です。

 

移動時間も、いろんな意味で密度の濃い、アユタヤ遺跡観光でした。(笑)

 

2016.12.21 ツナ