しぬやるぶろぐ

しぬまでに、やりたいことを、やるブログ

言えそうで言えない英語「やる気が出る」

こんにちは、ツナです。

 

今日の言えそうで言えない英語は、
「やる気が出る」

 

英語でなんて言うのでしょうか?

 

 

 

予測してみる。

「やる気」→「モチベーション」→「motivation」
「出る」→「湧き出る」→「pour out」

 

⇒「My motivation pours out.」????

 

 

「やる気が出る」は「I was motivated.」

「She knows how to motivate them.」
(彼女は、彼らのやる気を出す方法を知っている。)

 

「I have nothing to motivate myself now.」
(今私のやる気を出せるものは何もない。)

 

「やる気がわき出る」と言いたいときは、
「I was motivated.」の他に、
「I was empowered.」とも言えます。

 

 

他にもあります、「やる気が出る」

「inspire」

自分が主体ではなく、他の動機によって「やる気が出る」場合に使います。


「触発」「奮起」などとも訳されるように、
やる気が出て、他の目標を達成するための動機になるというニュアンス。

 

「I was inspired by that movie to write this novel.」
(あの映画に触発されて/インスピレーションを受け て、この小説を書きました。)

 

2018年に空前のヒットを遂げた「カメラを止めるな!」の監督が、
ある取材に、「ひとつの舞台からインスピレーションを受けた」と答えていましたが、


それを英語で表現するなら、こうですね。(笑)

 

「I was inspired by the theatre to film this movie.」
(その舞台に触発されて/インスピレーションを受けて、この映画を撮影しました。)

 


やる気が続かない日もあります。
人間だもの。

 

自分のペースで、頑張りましょう。

 

ツナ