しぬやるぶろぐ

しぬまでに、やりたいことを、やるブログ

言えそうで言えない英語「当たり前」

こんにちは、ツナです。

 

今日の言えそうで言えない英語は、
「当たり前」

 

「当たり前」って英語でなんていうのでしょうか?

 

 

予測してみる。

そもそも「当たり前」とは?

[名・形動]《「当然 (とうぜん) 」の当て字「当前」を訓読みにして生まれた語》
1 そうあるべきこと。そうすべきこと。また、そのさま。「怒って当 たり前だ」
2 普通のこと。ありふれていること。また、そのさま。並み。ありき たり。「ごく当たり前の人間」「当たり前の出来」

当(た)り前(あたりまえ)の意味 - goo国語辞書



⇒「普通のこと」というなら「That's usual」???

 

 

「当たり前」は「That's obvious.」「obvious」とは?

「明らかな」「明白な」という意味の単語です。

 

「That's obvious.」
(それはあきらかだよ。→当たり前だよ。)

 

「Obviously, you should do it.」
(明らかにあなたがやるべきだよ。)

 

他にもあります。「当たり前」の英語

自分が主体的な場合

相手からお礼を言われたら、

「It's nothing special.」
(特別なことじゃないよ。→当たり前のことだよ。)

 

相手が主体的な場合

「Everyone knows that. Why can't you do it?」
(みんな知っているよ。

→当たり前の事だよ。なぜできないの?)

 

「Who doesn't know that?」
(誰が知らないの?→当たり前のことじゃん!)

 

でも、「当たり前」ってなに?

英語での言い方も、

「他の人がみんな知っている」という言い方で、
「当たり前」=「みんなが知っている」という意味として

使われていますが、

「当たり前」って何なんでしょう?

 

「みんなが知っている」の「みんな」って誰って思ってしまう私は、反抗期でしょうか?(笑)

 

他人に「当たり前」を強要しない、

そんな人間に、私はなりたいです。(笑)

 

 

今日も1日、楽しく過ごしましょう!

 

ツナ