しぬやるぶろぐ

しぬまでに、やりたいことを、やるブログ

言えそうで言えない英語 「ねぎとろ」

こんにちは、ツナです。

 

今日の言えそうで言えない英語は、
ねぎとろ

 

英語で何というのでしょうか?

 

 

予測してみる。

「ねぎ」→「Green onion」
「とろ」→「Fatty tuna」
⇒「Green onion and fatty tuna」?

 

そもそも「ねぎとろ」とは?

ネギトロとは、寿司種の一種であり、一般的には生のマグロをペー スト状にしたものである。
軍艦巻の他、細巻きや手巻き寿司にもされ、また丼物(ネギトロ丼 )の材料にも使われる。
(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%25E3%2583%258D%25E3%2582%25AE%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AD より)

 

ねぎとろ」は、「ねぎ」+「とろ」ではなく、
「生まぐろをペースト状にしたもの」です!!

 

なんと!!!

 

なぜ「ねぎとろ」と言うのか?

ねぎとろ」の語源は諸説ありますが、
“まぐろを「ねぎ取って」作ったもの”というところから

「ねぎ取る」→「ねぎとろ


としたものが有力です。

 

 

ねぎとろ」は「Minced tuna」


「Minced」とは、

「細かく切り刻む」という意味があります 。


「Minced tuna」は

「細かく切り刻んだまぐろ」という意味になり、


ねぎとろ(生まぐろをペースト状にしたもの)」を

言い表すことができます!

 

「Minced tuna roll」
(ねぎとろ巻)

 

「Minced tuna bowl」
(ねぎとろ丼)

 

「Minced tuna is called "Negitoro" in Japanese.」
(「Minced tuna」は日本語で「ねぎとろ」と呼ばれています。)

 

「The derivation of "Negitoro" is old Japanese verb "Negitoru" which means scraping off something.」
(「ねぎとろ」の語源は、何かをはぎ取るという意味の日本の古い 動詞「ねぎとる」です。)

 

 

「Mince」にある3つの意味

 

ミンチにする、細かく切り刻む

今回の「ねぎとろ」のように、

他にも使うことができます。


「Minced meat」
(ひき肉)

 

「Minced onion」
(たまねぎのみじん切り)

 

「Minced fish」
(魚のすり身)

 

細分化する、分割する


「The director minced up the TV show.」
(そのディレクターはそのテレビ番組を分割した。)

 

 

控えめに言う、気取って

「Don't mince words.」
(はっきり言えよ。)(控えめに言うなよ。)

 

「He minced across the stage.」
(彼はステージを気取って歩いた。)

 

今日のまとめ

ねぎとろ」は「Minced tuna」

 

今日も一日、頑張りましょう!

 

ツナ