しぬやるぶろぐ

しぬまでに、やりたいことを、やるブログ

言えそうで言えない英語「お得だね」

こんにちは、ツナです。

 

今日の言えそうで言えない英語は、

「お得だね」

 

みなさんは、英語でどう言いますか?

 

 

予測してみる。

単純に、「安いね」なら「it’s cheap」。

 

でもいいのですが、

もう少し違う単語で言ってみたい。

 

そんな時におすすめの英語を紹介します。

 

「お得だね」は「It’s reasonable」

カタカナでもよく言う「リーズナブル」

そのまま英語で使えます!

 

ニュアンスとしては、

「コストパフォーマンスがいい」とか、

「価格と値段が見合っている」時に使います。

 

他にもあります。「お得だね」の種類

「It’s affordable.」

「affordable」は「can afford」と同じで、

「余裕がある」というニュアンスがあります。

 

自分の所得や予算で、

やりくりできたり、買えることを伝えたい場合に使えるのがこのフレーズ。

 

 

 

「The tuition is affordable for me.」

「I can afford the tuition.」

(その学費を払うことができる→やりくりできる)

 

「This car is it affordable for me.」

「I can’t afford this car.」

(この車を買うことはできない→値段が高い)

 

 

「It’s inexpensive」

「expensive」(高い) の否定形。

自分の感覚的にというよりは、一般的に高くないことを伝えたい場合に、使えるフレーズ。

 

「It’s not that expensive.」

と同じ意味で使えます。

 

今日のまとめ

「お得だね」は「It’s reasonable.」

 

今日も素晴らしい日を!

 

ツナ