ツナの備忘録

ツナの備忘録

旅行と語学の備忘録

言えそうで言えない英語 「タッパー」

 

こんにちは、ツナです。

 


今日の言えそうで言えない英語は、

「タッパー」

 

 

英語で何というのでしょうか?

 

 

予測してみる。

タッパーって、カタカナだから、

そのまま使えるのでは、、、?

 

そもそも「タッパー」とは?

ポリエチレン、ポリプロピレンなどのプラスチック製で、ふたで密封できる容器。

「タッパーウェア」ともいう。

 

タッパーとは - コトバンク

 

 

↓これですね。

アスベル 保存容器 「Agタイトロック」 850ml TLO-30

 

「タッパー」は、英語で「Plastic Container」 

 「Container」とは?

「Container(コンテナ)」というと、輸出入をするときに

船に積み込む「コンテナ」を

思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、

英語の「container」には、「容器」という意味もあります。

 

容器、入れ物、(貨物輸送用の)コンテナ

containerの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書


例えば、


A glass container

ガラスの容器

 


Cardboard container

ボール紙の容器(段ボール)

 


のように使うことができます!

(段ボールは、cardboard boxでもOK)

 

 

日本語では、なぜ「タッパー」というのか?

日本では1960年代にプラスチック容器が世に出回るようになったのですが、

当時のプラスチック容器の販売会社が「タッパーウェア」社だったことから、

プラスチック容器自体も

「タッパー」や「タッパーウェア」という名前で

呼ばれるようになっていったようです。

 

1946年にアメリカのタッパーウェア社が販売。

1963年から日本でも販売された。

同社の登録商標であるが、商品の普及とともに一般にも用いるようになった。

タッパーとは - コトバンク

 

 


もともとタッパーとは、人の名前です。

タッパーさんの会社が作ったプラスチック製の密封容器が、

タッパーウェアという名前で発売され、

商標登録が取られました。

 
日本では、この「タッパー」という名称が有名になりすぎて、

商品名が一般名称として使われるようになりました。

 


日本の企業でいうと、

セロテープとか味の素が、

商品名と一般名称が同じになって広く使われていますね!

 

例文を考えてみよう

Do you have a plastic container? 

(タッパーありますか?)

 

You can pack anything you want into this plastic container.

(好きなものなんでも、タッパーに詰めていいよ。)

 

 

今日のまとめ

「タッパー」は英語で、「Plastic container」

 

ツナ