読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスで行く マレーシア!

こんにちは。ツナです!

 

シンガポールとマレーシアは近い!!

 

ということで、

カウントダウンしてちょっと寝てから、

日帰りでマレーシアの旅に行って来ました〜!

 

旅行だと、全然疲れないのが不思議ですよね〜。

お家に帰ったら死んだように寝るのですが。(笑)

 

物価の高いシンガポールと比べて、

マレーシアの物価はとても安いので、

 

お土産買いに行くだけでも、

なんならドーナツ食べに行くだけでも、

 

十分に国境を越える理由になります。

 

私たちもお土産を買いにマレーシアに行ったようなものです!

 

バスで2時間かからないくらいだったと思います。

  

〈行き〉

170番のバスを使いました!

 

バス停は、

f:id:shinuyaru:20170116233339p:image

赤くなっている所に、大きなバスターミナルがあります。

シンガポールジョホールバスターミナル

というバスターミナルです。

 

意外と分かりづらいところにあって、

地図などを持っていなかった私たちは、

 

ターミナルにはたどり着けませんでした。

 

でも、歩いていると170番のバスが目の前を通って来たので、

 

なんとしてでもこれに乗らなくては!

 

と、バスが信号で止まった瞬間に

ドアをドンドンドンドンッ

と叩きますが、入れてもらえず。

 

と思ったら運転手さんがバス停を指差していたので、

そこまでバスよりも早く着くように必死で走って、

乗ることができました(笑)

 

地図上ののあたりに、そのバス停がありました。

 

1人2.5シンガポールドル

ジョホールバル(マレーシア)まで行けます。

 

シンガポールの国境を出ると、

マレーシアの入国所までバスに乗る必要がありますが、

最初にお金を払った時のチケットを見せれば、

そのまま無料で乗れます。

 

で、いざマレーシアに入国です!!

 

なんですが、

 

まあ飛行機降りるといつもそうだけど、

 

入国審査って、

人多すぎ。時間かかりすぎ。

 

待っても待っても、全然進まないんですよ。

 

しかも、私たちの列は特に遅い。

 

さっきまで横にいたはずの、

隣の列の青いTシャツのお兄さん

いつの間にか5メートルくらい前にいるんですよ。おかしくないですか?

 

そこで、うちの母は一言

私、今から隣に並ぶから、早い方から入国しよう。

 

頼もしいですね。

こういう時、おばちゃん力は!!(笑)

 

それで母は横の列に並び始めたわけですが、

10分後、なんと横に来ました。

 

明らかに母が並び直した列の方が早かったのです!!

 

私たちが初めに並んでいた列は、

2列を1人の審査員が見ている感じ。

新たに母が並び始めた列は、

1列を2人の審査員が見ていたのです。

 

なんというトラップ、、、(涙)

 

これからは、並ぶ前に、

どこの列に並ぶか、よく吟味しようと学びました(笑)

 

いざ、マレーシアに入ると、買い物天国。

食べ物とか、シンガポールの半分以下くらいの値段でゲットできちゃいます。

 

f:id:shinuyaru:20170117141158j:image

マレーシアの麺?

リンギット(約240円)

 

シンガポールとマレーシアで、こんなに近いのに、

物価の違いが激しすぎて、驚きます。

 

 

移動手段などがなくて、

他の観光地に行くことはできませんでしたが、

ショッピングは、十分に楽しみました!!

 

そして、帰りは、安いバスで!

 

〈帰り〉

Causeway Linkという黄色いバスで帰りました。

 

このバスは、他のバスより人気です。

なぜならマレーシア物価でバスに乗れるから!

 

170番のバスなら、2.5シンガポールドル(約200円)

 

しかし、このCauseway Linkバスなら2.2リンギット(約60円)で帰れます!

 

その代わり、バス待ちの列は他のバスの2.5倍くらいはあります。

 

帰り、列が何列かあって、

前の人に聞いたら、

「あーそのバスなら、ここじゃないよ。」

と言われたのを信じて、

違う列でずっと待っていたという失敗をした時は、

笑って、あ、間違えちゃったね!っていう感じではなくて、

ちょっと狂いそうになるくらいの列の長さです。(笑)

 

Causeway Linkバスは、

路線が3つあります。

CW1、CW2、CW5です。

それぞれ終点は違いますが、価格は同じです。

 

CW1 Kranji MRT 駅 行き

CW2 クイーンストリート行き

CW5 Newton 駅 行き

 

となっていました!

 

CW2が1番人気で、列が長いです。

列が長ければ、大抵CW2です。

前の人に違うよと言われても、無視して並びましょう。(笑)

 

でないと、あとで違う列に並んでいることに気づいた時に、

怒り狂いたくなります。

私たちのように。(笑)

 

まあでも、無事に帰ることができたので良かったです(笑)

 

 

お土産メインで買い物をしましたが、

自分たちの食料も確保して来るべきだったなぁと後悔するくらい、

物価の違いに感動したマレーシアへの日帰り旅でした!

 

シンガポールから、少しでも物価の安いところに行きたくなったら、

ジョホールバル

おすすめです!(^O^)

 

2017.1.17 ツナ