読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車で目指すアンコールワット

こんにちは、ツナです。

 

シェムリアップ2日目、

午前中は朝4時に起きてアンコールワットに行きました。

ぜひ、こちらからお読みください!

アンコールワットで朝日を拝む - 死ぬまでに やりたいことを やるブログ

 

仮眠をとって、起きると15時。

 

せっかく1日券があるのに、使わないのはもったいないと

ドケチ精神が炸裂したツナは、

 

自転車で、2度目のアンコールワットに行くことを決めました!

 

自転車にした理由は、興味本位です(笑)

 

ホステルからアンコールワットへは、

Sivatha Blvd

(シバツァブルーバード?)

をひたすら、

 

ただひたすら、

 

まっすぐ進むという

わかりやすい経路でした!

 

f:id:shinuyaru:20161224182857p:image

赤の矢印が、Sivatha Blvd(シバツァブルーバード?)です。

 

自転車は、ホステル付近にあった

無料のツアーインフォメーションで借りました。(1日で$2

 

それまで何も考えていなかったんですけど、

借りることができた自転車は

ママチャリwith 麻のカゴ

 

自転車を止めるための鍵も借りられました!

f:id:shinuyaru:20161224191806p:image

 

こういうやつ、わかりますかね?

私の、この絵で、、、(笑)

 

 

いざ自転車に乗ってみると、

ギア軽っっっっ!

 

ギアを変える機能などはなかったため、

ひたすら足を動かし続ける感じでした。

 

それまで私は、

日本でしか自転車に乗ったことがなかったので

ギアが付いているのは当たり前

だと思っていました。

 

情けない、、、

日本での生活を当たり前だと思い、

このような状況を全く予想していませんでした!!

良くないですね。頭が硬かったです。

 

あまりに必死すぎて、

写真も

全然撮っていません(涙)

 

f:id:shinuyaru:20161224185814j:image

これは、トゥクトゥクのときに撮ったものですが、

途中から両サイドにお店はなくなり、

ひたすら、森の中を行くことになります。

 

坂などはありません。

マウンテンバイクなどを使っていれば、坂がない分、楽だと思います。

 

ただ、

ママチャリ(ギアなし)の場合は

本当に

ひたすら、ただひたすら

足を動かし続けることになりました。(笑)

 

道中は、ところどころ

赤土、ゴツゴツ、バイク多いなど

アトラクションみたいに

どんどんいろんなことが起きるので

周りに注意しながら進みます。

 

25分間の運動の末、

アンコールワットに、やっと到着!

 

ゲートでチケットを見せて、

中に入ります。

 

すると偶然、朝チケットを見せた人だったらしく、

「君のこと、覚えてるよ!」

と、例のお調子者お兄さんが言って来ました。

 

本当に覚えてたのか、

とりあえずいろんな人に同じようなこと言っていたのかわかりませんが(笑)

 

中に入ると、

朝とはまた違ったアンコールワットを見ることができました!

 

午前中は逆光なので、

基本的に写真は暗いです。

f:id:shinuyaru:20161224190355j:image

(ここでは写真、載せちゃいました(笑))

 

一方で午後は、光がうまく当たるので

綺麗に写真を撮ることができました!

f:id:shinuyaru:20161224190437j:image

(若干明るさ調整しています汗)

 

私が行ったときは、朝よりも午後の方が人が少なかったように感じます。

 

本当は夕焼けも見たかったのですが、

街灯のない森の中を、自転車で帰る勇気はなかったので、

明るいうちにホステルに戻ることにしました!

 

アンコールワットの入り口には自転車が止められてるゾーンがありましたので

そこに、

私も自転車を止めて行きました。

 

帰ろうとすると、鍵が壊れかけていて、

全く開きませんでした。

 

ここで閃きました!

お調子者のお兄さんに助けを求めよう!

 

チケットをもう一度見せます。(3回目)

彼は、アゲイン?と言って来ました(笑)

 

そこで事情を説明し、自転車まで一緒に来てもらいます。

 

すると、

なんと一発で鍵を開けてくれました。

 

私は、便利ボケしてたのかもしれません(涙)

 

あまりにも簡単に開けられたので、彼から

「僕をナンパしようと思ったの?」

と言われてしまったほどでした(笑)

 

とりあえずフェイスブックを交換して(笑)ホステルへと帰りました!

 

  

自転車でアンコール遺跡を回っている人は、

欧米系の人には結構いました。

マウンテンバイクであれば、

1日でいろいろなところを回れると思います。

 

なので、借りるときに、

どのような自転車を借りることができるのか

確認しておくといいかもしれません!

 

ギアなしのママチャリでも、達成感は十分にありましたけどね!(笑)

 

この日は長い1日で、夜はパブストリートに行って来ました!

 

2016.12.25 ツナ