アンコールワットで朝日を拝む

みなさん、こんにちは!
ツナです。

バンコクからの陸路移動を
なんとか乗り越えて到着したシェムリアップ

この日は朝から、アンコールワットで朝日を拝むことにしました。

一緒に行ったのは、フィリピンから来たジェニ姉さん(仮)。

ジェニ姉さんとの出会いは、バンコクからの陸路移動の道中でした。


こちらからぜひお読みください!
前編 灼熱の陸路国境越え(バンコク→シェムリアップ) - 死ぬまでに やりたいことを やるブログ


後編 灼熱の陸路国境越え後編(バンコク→シェムリアップ) - 死ぬまでに やりたいことを やるブログ

前日、シェムリアップに着いて、

ホテルまで送迎してくれたお兄さんが、


朝のアンコールワット込みのスモールツアーで$16(1人$8)でいいと言ってくれていたので

 

トゥクトゥクを利用して、行くことにしました!

 

5時ぴったりにホステルまで迎えに来てくれました!

時間厳守で、ちょっとびっくり!

 

そのままジェニ姉さんをピックアップして、

アンコールワットのチケットを買いに行きます。

 

1日券は1人$20、3日券は1人$40でした。

その場で簡易的な写真がとられて、チケットには顔写真が載ります。

 

ジェニ姉さんはシェムリアップに1日のみの滞在だったため、

私たちは1日券を購入。

 

6時頃には、アンコールワット前に到着しました!

 

アンコールワットに入る前にチケットを見せるのですが、

そこで調子のいいお兄さんが

チケットの写真を見て

「ビューティフル、ビューティフル」

と言ってくれたので、

 

言われ慣れていないツナは、気分良く入場することができました(笑)

 

f:id:shinuyaru:20161224163228j:image

 

着いてまず驚いたのは、人の多さ

 

暗いから、1人で行かないほうがいいと思っていたのですが、

1人でも大丈夫かも。と思うくらい、

たくさんの人がいました。

 

f:id:shinuyaru:20161224163423j:image

むしろ人の多さを写真に収めてしまいました(笑)

 

そのまま待っていると、綺麗な朝日を拝むことができましたよ〜!

ぜひ、ご自身の目で確かめてみてください。

 

朝日を見た後は、

アンコールワット→アンコールトム→タプロム→バンテイ・クデイ

の順番で連れて行ってもらいました!

 

アンコールワットにも、アンコールトムにも、

いたるところに急な階段があります。

 

ロングスカートで行った私は、

途中何度か、裾を踏んで転びそうになったので

動きやすい服装をおすすめします!

 

ただ、暑くても

タンクトップなど露出の高い服はだめなので、カーディガンなどもお忘れなく!

 

f:id:shinuyaru:20161224171009j:image

こんなところ登ったり、

 

f:id:shinuyaru:20161224171026j:image

こんなところ降りたりしました。

 

ここ降りる時、本気で怖かったです。(笑)

 

登るときは下が見えないので、ついつい登ってしまいましたが。

 

朝が早かったので、

13時ごろにスモールツアーは終了です!

 

f:id:shinuyaru:20161224171821j:image

 

ジェニ姉さんとは、ここでお別れ。

 

彼女は、ラオスに向けた陸路移動へと

旅立って行きました。

滞在日数1日ってハードですよね!

すごいなぁ〜。

 

私は眠かったので、仮眠をとりに

ホステルに帰りました!

 

1日券は、その日中なら何度でも入場できるので、

休憩後に、また行こうかな〜と考えながら眠りにつきました。

 

2016.12.24 ツナ