シヌヤルブログ

死ぬまでに、やりたいことを、やるブログ

Glur Bharani Hostel宿泊

みなさんこんにちは、ツナです。

 

タイ、スワンナプーム国際空港到着後、


なんとかバンコク市内のバラニ ホステルまでたどり着くことができたことは、2でお話しさせていただきました。

 

タイ、空港から市内へ - 死ぬまでに やりたいことを やるブログ

まだの方はこちらからぜひ!!

 

チェックインをすると
いきなりタイスマイルが爽やかなお兄さんの対応。
かなりフレンドリー!!イケメン!(笑)

 

注意点としては、

デポジット
500バーツもしくはパスポート
を預ける必要があるということです!


パスポートは心配だったので、
500バーツを預けて部屋に案内してもらいます。

 

 

室内では、2段ベッドの上の段に振り分けられました。

遮光カーテンもついていて、ベッドもそれなりに広い!

タオルも貸してくれるし、朝食付きなので、最高にありがたいです!

 

朝食は、

f:id:shinuyaru:20161219223853j:image

タイチャーハン!

 

f:id:shinuyaru:20161219223858j:image

パッタイ?かな?

とりあえず、おいしい。

朝からモリモリ食べられる!

 

我ながらいい選び方したな〜!

 

 

 

 

ただ1つ、問題が。


ベッドと壁の間に柵がなくて、隙間が広い。

伝わりますかね?(笑)

f:id:shinuyaru:20161219224411p:image


ベッドの柵が部屋側にあって、壁側にはないんです。

んで壁とベッドの隙間が結構ある。


そんなこと知らない私は、とりあえずパジャマなどを床から立った状態で2段ベッドに投げました。

 

f:id:shinuyaru:20161219224856p:image

 

その結果、
勢い余った靴下とキャミソールが
隙間から下のベッドへと吸い込まれていきました(涙)

 

最悪だ、、、
下の人はいそうな気配がするので、
とりあえず

 

エクスキューズミー

 

無視。

 

だめだ、フロントに行って助けてもらおう。

 

そう思った瞬間、下から

 

オー!あなたの靴下!


との声が。

あ、気づいた。あざっす


と、私の靴下を差し出してきたのは、
ブロンズヘア、ブルーアイの
THE イケメン


うおおおおぉおおぉおおおおおおお

セ、センキュー

とだけ言って退散。

 

こんなイケメン、世の中にいるんだ〜。

しみじみ感じたツナなのでした!(笑)

 

私はイケメンを一目見られたので良かったですが、

こちらのホステルは女性専用のお部屋はありませんでしたので、

そこらへんご注意を!

 

女性専用のお部屋なくても気にならない方には、

とってもおすすめです!

 

私はagodaで予約しましたが、

下記から比較して、安い方で予約してみてください!

<agoda>バラニ ホステル

<Expedia>バラニ ホステル

 

明日は、バンコク市内の観光です!

 

2016.12.19 ツナ