後編 メキシコの英語学校で先生してみた

メキシコの英語学校で1日限定の先生をしてみたときのお話。

 

1、2コマ目は、ぜひこちらから!

メキシコの英語学校で1日先生してみた - 死ぬまでに やりたいことを やるブログ

 

そして3コマ目は高校生!

 

高校生にもなると、ほぼほぼ英語ペラペラです。

 

小中学生に対して話すときは、

 

わかりやすく、短く

 

っていうのを心がけて、あまり話を深掘りしないようにしていました。

 

でも高校生は本当にペラペラで、むしろ私の方がついていくのに必死でした。

 

そう考えると、

高校生の頃の、自分との違いは歴然。

 

やっぱり読み書きよりも、

話すことに重きを置いて勉強することが、

言語においてはすごく大切だと実感されられました。

 

(でもでも、スペイン語と英語は文法が同じだけど、日本語と英語は違いますからねっ!(笑))

 

 

そんなペラペラな高校生に私が教えられることはなく、

 

このコマではひたすら

 

私が、高校生にメキシカンダンスを教わりました。(笑) 

 

初対面の高校生男子に、

リードされながらダンスする日本人大学生女子。

 

周りから見たら、確実に高校生の方が大人に見えただろうなぁー。

 

だって、私の年齢をいったときの彼らのリアクションは、

 

そこらの芸人よりオーバーだったんですよ。

 

ええええええええっ

俺より年上なの?まじかよっ、えっ?

うっそでしょ?えっ?

なになに、嘘つかないでよっ!

 

みたいな。

 

それだけ驚かれるとこっちもショックなくらいでした。(笑)

 

まあ若く見えるってのは褒め言葉ですけど!!!!!!!(笑) 

 

逆に言えば高校生がかなり大人っぽいので、

 

ダンス教えてもらいながら

 

ちょっとドキドキしました。

(笑)

 

あぁ、この国は情熱の国だ。

高校生でもこんなダンスするんだから。

 

(この国で生まれたかったなぁ(笑))

 

と、

 

先生をするはずが、

私の方が楽しんでしまいました!

(^O^)(笑)

 

授業後は

他の先生たちとアイスを食べに、

おでかけ。

f:id:shinuyaru:20170331141241j:image

 f:id:shinuyaru:20170401112715j:image

 

お疲れ様でしたー!って

 

日本の飲み会みたいですね。(笑)

 

 

1日先生、お疲れ様でした、わたし!

 

(って、高校生相手に、ドキドキしてただけですが(笑))

 

2017.4.1 ツナ

前編 メキシコの英語学校で先生してみた

メキシコシティ滞在中、

 

1日だけですが、英語の学校で先生をしてきました!

 

どこからそんな機会ができたかといいますと、

 

泊めていただいた家の子が、

英語学校の先生をしていたので、

付き添いとして学校に行ってみたのです!

 

そしたら、先生やっちゃいなよ!って言われて、

はいっ、やっちゃいます!って

なっちゃったわけです!!

(笑)

 

 

田舎の学校です。

生徒だけでなく、先生も、この日本人に興味津々。

 

化粧道具を一式忘れて、

 

ほぼすっぴんの私の顔は

「純・東アジア人」の、のっぺり顔。

 

 

それを見た先生の1人が一言。

 

「私はアジアンみたいだってよく言われるけど、全然違うよね、あなたの顔と比べると!」

 

全然違うわっ!

 

あなたの顔、私から見れば確実に凹凸あるわっ!

 

と言いたいところでした(笑)

 

 

そんなこんなで、たくさんの人が興味を示してくれ、

ウェルカム体制は万全!

 

クラスにも、すんなり入れる雰囲気でした!

(ありがたや〜!)

 

 

クラスは全3コマに参加しました。

 

1コマ目は小学生 中低学年!

 

教室に入った瞬間、

 

「ナルト!ナルト!ドラゴンボール!」と叫んで来る小学生。

 

スペイン語で叫んできてくれたのですが、何にもわかりませんでした(涙)

 

スペイン語を勉強しておけばよかった

、、、(涙)

 

私は英語を教えるためにクラスに入ったわけですが、

小学生は日本語に興味津々!

 

ナルトとかドラゴンボールとか、

こんなにも、地球の裏側にまで浸透しているんですね!

 

日本の文化って素晴らしい!

 

どこ出身?って聞かれて、国を答えたときに、

 

その国(私だったら日本)に関連する何か(この場合ナルト)が相手の口から出てくることって

すごく恵まれたことだなぁと感じます。

 

その後も生徒たちは

日本語を教えて!と言って大盛り上がり。

とりあえず自己紹介文を教えると、

教室中が日本語で溢れかえりました!(笑)

 

やつら、可愛すぎる、、、

 

その後も、日本についてたくさん質問してくれました(^O^)

 

わいわいしているとすぐに1コマ終了!

 

授業が終わると、私と生徒たちの撮影会が始まりました(笑)

 

自分は芸能人なのかな?と思うくらいの写真待ちの列。

 

気分良かったです(笑)

 

そして写真を撮る前に、

メキシコのお菓子です!と

小学生がたくさんお菓子をくれました(^O^)

 

f:id:shinuyaru:20170330160159j:image

 

わーい わーい

 

この日はもらったお菓子だけでお腹いっぱいになって、ご飯いらないくらいでした!

 

芸能人ってこんな気分なのかな〜?なんて、

きどっていました(笑)

 

 

2コマ目は中学生!

 

小学生に比べると、かなり落ち着いていました。

 

前回までに国名や首都の聞き方を習っていたようなので、

 

盛り上げるために国当てジェスチャーゲームをしたのですが、

 

1人の子が

目を吊って、鼻を低くした顔

f:id:shinuyaru:20170331134844p:image

(例えるならこんな感じです)

 

をして

「ジャパン」

と言ったときには、爆笑しました。

 

侮辱か!(笑)(笑)(笑)

 

間違っていないので何も言えませんが。(笑)

 

ジェスチャーゲームの後は、質問タイムが始まって、

日本に対して興味を示してくれていることがすごく伝わりました。

 

一番面白かった質問は、

「日本ではどんなお肉を食べますか?」

という質問でした。

 

メキシコと日本の距離は、こんなことを疑問に思うくらい遠いんだなぁと思わされました。

 

質問に答えていると、すぐに2コマ目も終了。

 

すると1人の女の子が、

私が生徒さんからもらったお菓子の量の多さに、

「食べるの手伝ってあげるよ!」

と一言。

 

そこから、食べながら会話をしていたのですが、

後から教室に入ってきた先生が、

「あまり英語を話さない子だからびっくりした!」と言ってきたのです。

 

そういう言葉を聞くと、

私も誰かに小さな影響を与えられたんだな〜と嬉しくなりました(^O^)

 

長くなってしまったので、

3コマ目は、後編で。

 

2017.3.31 ツナ

 

食べ物編 ホームステイ in メキシコシティの村

 

ご飯はほぼほぼ全部、

とっても、おいしかったです!!!

 

特に美味しかったのは、

「メキシコの食べ物と言えば」な

 

トルティーヤ

 

トウモロコシで作られたナンのようなもので、

具を自由に乗せて巻いて食べる料理です。

 

f:id:shinuyaru:20170326075902j:image

 

トルティーヤは、日本でいうお米並みに

毎日食べている主食らしく、

 

「何食べたい?」と聞かれて

トルティーヤ」と答えたら、

「まじで??」と

聞き返されてしまうほど。(笑)

 

メキシコにいる間は、毎食食べていました。

 

トルティーヤは、コーンの種類によって、色や味が異なります。

青いコーンやピンク色のコーンなどもあるようです!

 

f:id:shinuyaru:20170326081535j:image

 

これは、青いコーンのトルティーヤ

 

トルティーヤはナンのように柔らかいのが通常ですが、

これは、おせんべいのようにパリパリしていました。

 

「たません」のような感じです。

 

上に乗っているのは、

チーズとサボテンです!

 

ん?サボテン???

 

そうなんです!

メキシコでは、サボテンがよく食べられていました!!

f:id:shinuyaru:20170326082019j:image

これは、サボテンのサラダ!

 

結構癖になる味で、

やめられない止まらない!(笑)

 

食感は、インゲン豆。
オクラみたいに粘り気があります。

日本では食べることがないので、不思議な感じがしましたが、美味しかったです(^O^)

 

サボテンと一言にいっても、
種類ごとに呼び方が違くて、
食べられるサボテンは
ナパリトスという種類らしいです。

 

あ!

とげは、ちゃんと取ってありますから

心配ご無用ですよ〜(笑)

 

 

 

一番衝撃的だった食べ物は、

犬のお肉

 

f:id:shinuyaru:20170326075545j:image

知らずに食べて、

後から犬だと聞かされたため、

発狂でした。(涙)

 

メキシコでは犬のお肉を食べるのか〜。と衝撃を受けました。

 

が!

 

メキシコシティ内に住む私の友達 アルちゃんは、

「犬の肉食べる人いるなんて初めて聞いた。」

と言っていたので、

 

日常茶飯事のことではないようです!!

(よかった、、、)

 

あと、よく聞くブリトーという食べ物は、

アメリカで作られたものらしくて

メキシコ料理ではないらしいです。

 

そう考えると、

カリフォルニアロールも寿司だと思われていることに納得がいきます(涙)

 

おいしいから、むしろいいですけど!

(笑)

 

そんなこんなでブリトーは食べられませんでしたが、

とにかくおいしいメキシコ料理!

 

1日4、5食は食べていました。(笑)

日本でもレストラン探してみようと思います!

 

2017.3.28 ツナ

お風呂編② ホームステイ in メキシコシティの村

メキシコシティでのお風呂事情について。

一軒目のお家でのことはこちらから!

 ホームステイ in メキシコの村 お風呂編 - 死ぬまでに やりたいことを やるブログ

 

そして、

次の日、もう1人の友達の家に泊めてもらった時のこと。
 
家に入っても、

水を使えそうな場所が一切見当たらなかったので、
 
「どこでシャワー浴びているの?」
と聞くと、

連れて行ってくれた場所は、
 


トイレでした。 


 
その、ユニットバスとかそういうのではなくて、


ザ・トイレ。


 
しかもそのトイレは、
部屋の一室にあるのではなくて、


外にあるのです。
 
トイレの周りは、黒いビニール袋で囲まれている感じです。
 
絵で描くならば、こんな感じ。

f:id:shinuyaru:20170324165922p:image

また絵がゆるいですが、それは置いておいて、、、(笑) 

 

トイレやシャワーを浴びる時は、

ビニール袋を全部おろしてカーテンのようにするわけです。

 

f:id:shinuyaru:20170324170736p:image

こんな感じで。

 

2枚目の絵で表現してみましたが、

周りは草木。

 

この家では、羊と鶏を飼っていたので、

彼らの音がめちゃめちゃ聞こえて来るし、

風も普通に入って来る。

 

そんな状況でした。

 

ちなみにトイレには、

床なる物はありませんので当然裸足にはなれません。

 

絶対風邪引く。

裸になったら、絶対風邪引く。

 

というか、服脱げる状況じゃない、、、

 

でも汗めっちゃかいた、、、

 

ということで、なんとか頑張りました。

 

が、

 

体を洗ったあと、

部屋に入るまでは草木を歩かなければならないので、風邪をひきました(笑)

 

 

次の日、1日目に泊めてもらった子のお家に戻った時、

シャワーを浴びる場所にコンクリの壁があること、

また大きな桶があることに感動しました。

 

この日は、1日目にシャワーを浴びた時の半分の量の水しか使わず、

桶に入るという形でお風呂にも入ることができたので、

かなり満喫できました!!!

f:id:shinuyaru:20170325111355p:image

こんな感じで!!!

(伝わるのでしょうか(笑)) 

 

人間の適応能力に感動。

 

そして、

日本のお風呂に感動。

 

ありがとう、日本のお風呂。

 

日本でお風呂に入る時はは、水を無限の資源のようにダバダバ使っていましたが、

これからはもっと大切に使おうと思います。

 

2017.3.25 ツナ 

お風呂編 ホームステイ in メキシコの村

 

State of Mexico

 

というメキシコシティから

バスで3時間くらいのところに住む友達の家に泊めてもらった時のお話。

 

2人の友達の家に泊めてもらったわけですが、

 

どちらのお家でも衝撃だったのが、

お風呂

 

 

「今からシャワー浴びる?」

と聞かれたので、

 

タイとか、カンボジアのホステルとかのシャワーのイメージを持っていたわけですが、

 

全くの別物。

想像の遥か先をいっていました。

 

シャワーではなくて、

水を浴びる

と言ったほうが実際に近いイメージができるような気がします。

 

1日目に泊めてもらった家で、

シャワールームだと教えられた場所に行くと、

大きな桶と小さな桶が置いてありました。

f:id:shinuyaru:20170324002545p:image

こんな感じで。

絵がざっくりすぎますが(笑)

 

片方はお湯で、もう片方は水。

 

それを自分で混ぜて温度を調節しながらかぶる。

 

浴槽は、なし。

 

そういうスタイルでした。

 

一応シャワールームと呼ばれている場所は、

コンクリむき出しの壁なので

めっっっちゃ寒かったです!!

 

とりあえず、

水をあまり混ぜずにお湯をかけて

体を温めようとしますが、

それだと熱すぎ。

 

ただ、ぬるめのお湯を頭からかぶると

一瞬にして冷えてめっちゃ寒い。

 

与えられたお湯と水の中で、
どうやって体を温めるか、必死でした。

(笑)

 

正直、シャンプー1週間くらいしたくないなって思うレベルで

シャワーが嫌いになりそうでした。

(笑)

 

(泊めてもらっておいて、こんな失礼な話はないのですが。。。)

 

 

ただ、このシャワールームが

良い環境であるということを、

この時の私は、

まだ知らなかったのです!!!!

 

続く!!!!!!

 

2017.3.24 ツナ

メキシコ 中南米最大の遺跡!

メキシコシティから近い

 

中南米 最大の遺跡

Teotihuacán テオティウアカン

 

今回、ついに行ってきました!!

 

世界遺産です。

 

あまりにも規模が大きいので、

人間って小さいな〜

自分の悩みって小さいな〜って

悟りを開きそうになりました。

 

f:id:shinuyaru:20170323062801j:image

 

中にはたくさんの遺跡が残っているのですが、

メインとなるのが

月のピラミッド太陽のピラミッド

 

月のピラミッドの方が少しだけ小さいので、

並ばずに登ることができました!

f:id:shinuyaru:20170323062805j:image

 

太陽のピラミッドは、1番の見もの。

f:id:shinuyaru:20170323072229j:image

並んで、

 

f:id:shinuyaru:20170323072431j:image

並んで、

 

だいたい3時間くらい並びました(涙)

トップに登るまでの急な階段でも並んだりするので、ちょっと怖いし、

めっちゃ体力消耗しました(笑)

 

若い間に行けてよかったです(笑)

 

この日は日曜日だったので、

特に混んでいたようです!

 

さすが世界遺産、3時間並んでも、

価値があると思えてしまいました。(笑)

 

 

私が感じた注意点は、

 

①複数人で行く方が良い。

 

 

太陽のピラミッドに登るのには、かなりの時間待ちます。

待ち時間に順番交代ができるように、

複数人で行くことをお勧めします。

 

私も、太陽のピラミッドに並ぶのを待っている間に

月のピラミッドに順番で行きました。

 

②食べ物がほぼ売っていない。

 

私達はだいたい12時くらいに着いたのですが、

それまで朝ごはんしか食べていなくて

お腹はペコペコ。

 

でも遺跡内は食べ物がスナック程度しか売っていないので

お腹いっぱいになりません。

あとお店で何か買うのにも並ぶので、時間がかかります。

 

事前に何か買って持って行くか、お腹いっぱいにして行く方がいいです。

 

お水も、持っていった方がいいですね。買えるには買えますが。

 

③荷物は軽め、動きやすい服装で!

 

ピラミッドの階段は、予想以上に急です。

安全のためにも、動きやすい服装、軽い荷物で行く方がいいでしょう。

 

④入場料の支払い

 

メキシコ国籍の人はただ、観光客は70ペソの支払いが必要です。

 

が、

帽子を深く被っていったら、通れてしまいました(笑)

こういうゆるいところ、大好きです。(笑)

 

f:id:shinuyaru:20170323072838j:image

 

階段はかなり急でしたし、たくさん並びましたが、

 

最後のトップまで登って、

手を伸ばして
太陽からパワーをもらっている人がたくさんいました。


もちろん、私も!


たくさんパワーをもらってきました!(^O^)
 

いい春が迎えられそうです!!

 

2017.3.23 ツナ

 

#個人的なシアトル振り返り

〈会った人から得たもの〉

*企業で働く以外の生き方を考える機会

*過去と今をつなげて考える大切さ

 

前回会った時から2年が経ち、状況が変わっている人がたくさんいた。

 

例えば、

コミュニティカレッジからユニバーシティに編入した人。

ワシントン州を離れた人。

仕事を始めた人。

自分のカフェを開いた人。

大学を辞めて軍隊に入らなければならなくなった人。 等

状況がガラリと変わっている人がいた。

 

もちろん会った人の中に、

なにも変わっていない人もいたけど、

 

みんなに会えてよかった。

 

なぜなら、

前に進んでる人、そのままの人の間にある違いが、

すごく明確に理解できたからだ。

 

それは、「次はこれ、次はこれ」と、

段階にして目標を立てられるかどうかということ。

 

時間とともに自分の経験やスキルを前に進めることができるのは、

自分の考え方次第、モチベーション次第。

 

つまり、

どうにでも前に進めることができるのだ。

 

そこで

 

私は、どうやって自分の経験を前に進めるかを考えなければならないと感じた。

 

 

例えば、私の仲の良い友達の1人を例にあげる。

 

彼は、この会わなかった2年の間に、

フィリピンでカフェを始めていた。

 

彼は、もともと日本が好きで、

日本式のクレープ屋さんで働いていて、

大学でビジネスを専攻。

 

その経験を生かして

フィリピンで、自分で、

日本をテーマにしたカフェを始めて、

クレープやタピオカティーのメニュー開発も行い、

大学生にして

経営を始めていたのです。

 

しかも、ローンは一年で返済の予定だったところを、

半年で返済。

今も大学に通いながら、カフェ経営との両立をしているのです。(大学はアメリカ、カフェはフィリピン)

 

彼は、

仕事は始めるけど、それだけで人生を過ごしていたら
人生の奴隷、ただ生かされる人生になってしまう。
それを回避するために、

好きなこと(日本)で、

自分の好きに時間の作れる仕事(カフェの経営)

が一番だと考えたらしい。

 

その考え方に対してももちろん賛同するが、

加えてすごいと思うのは、

今までの自分の経験が全て今に活かせているというところ。

 

 私は、

 

やりたいことは色々やってきたけど、

 

結果、

4月から会社に勤務するっていう

今までの経験とこれからの仕事が全く結びついていない。

 

日本にいると企業に対して働くのが当たり前な気がしていたけど、

 

何か、今までの経験を少しでも活かせることも考えてみてもいい。

そんなことを思わされた。

 

また、

好きなことをする

だけではなくて、

時間を作れる仕事をする

ような、自由な仕事。

 

つまり、

「企業で働く以外の方法でどうやってお金を稼げるか」

ってことも考えてみてもいいのかなぁと思った。

 

別に超大企業の社長にならなくたって、自分だけが社員の、小さなものでも。

 

実際それが可能なのかどうかは別問題だけど、

考えるだけならタダだし、自由だから。

 

(^O^)

 

2017.3.23 ツナ