シヌヤルブログ

死ぬまでに、やりたいことを、やるブログ

パタヤ 恐怖のヘナタトゥー勧誘

無事にパタヤに着くと、

そこにはビーチ感のある景色。

 

f:id:shinuyaru:20170305130930j:image

 

うわぁ、ビーチだ! 

(まだまだ水が大好きなお子様です)

 

と、騒ぎながらビーチを歩いていると、

 

パラソルとベンチがビーチ中に広がっていました。

 

f:id:shinuyaru:20170305133716j:image

 

1日中借りられるらしく、
1人30バーツ払ってベンチを確保。

 

f:id:shinuyaru:20170305131145j:image

 

ベンチを確保したら

とりあえず、泳ぎます。

 

f:id:shinuyaru:20170305131254j:image

 

ボートがたくさんいて、泳いでいる人はあまりいませんでしたが、

 

お構いなく泳ぎました。(笑)

 

 

泳ぎ疲れてベンチに戻ると、

キャッチのお兄さんがニヤニヤしながらこちらへ。

 

「ヘナタトゥーやんない?」

と一言。

 

こちらもニヤニヤしながら、

「やんないよ〜。」

と言います。

 

最初は、意外とすんなり聞いてくれて

どこかに消えていきましたが、

ベンチに休憩に行くたびにやってくる。

 

最終的には1回の休憩で 

5往復ぐらいやってきました。

 

でもいつか消えちゃうし、絶対に払いたくないお金なので、

断固として拒否。

 

最初はニヤニヤしながら断っていましたが、

5回目は本気で断りました。(笑)

 

わりと声も張りました。

 

 

しかし、

 

 

5回目になって、

 

二の腕に、

いきなり花を書き始めたではありませんか!!!!!

 

 

 

まじかよ、、、、

 

 

絶っっっっ対払わないぞ?

という勢いでひたすら

 

「ノー!ノー!ノー!」

 

と言い続けますが、

 

お兄さん、ガン無視。

 

こんな強引な勧誘があるか?

ありえない

 

それなら、こちらも。と、

 

高校3年間合唱部で鍛えた

腹筋と強い喉をフルに使って

叫ぶ。叫ぶ。叫ぶ。

 

相当大きな声が出ていたらしく、

 

近くにいたおっちゃんが近づいてきました。

 

そこで一言、

 

「彼は、タダでいいって言ってるよ」

 

「君たちが可愛いから、タダでいいってさ。」

 

は?

 

いや、意味がわかんないんですけど。

  

 

私は、海外旅行で、

そういう上手いこと言ってくる人を絶対信じません。

 

 

それを聞いてもっと大きな声で

叫び続けました。

 

 

「絶対お金払わないよ!!!!」(キレ気味)

 

 

しかし書き終わると、

 

ヘナタトゥー師?のお兄さんは、

本当にお金を取らずに、

 

颯爽と去っていきました。

 

 

なんだこれ(笑)

 

 

むしろお礼を言うべきだったかと

ちょっと後悔。(笑)

 

最初は少し怖かったけど、

タダで可愛いお花を描いてもらえたから、

ラッキーでした!(^ ^)

 

2017.3.6 ツナ 

バンコクからバスでパタヤへ

今回の旅は泳ぎまくる旅。

 

ということで、海で有名なパタヤビーチに行って来ました!

 

バンコクからバスで3時間くらいだったと思います。

 

バスは

モーチット(Mochit)駅と、

エッカマイ(Ekkamai)駅から

出ています。

 

私たちはエッカマイ駅から乗りました!

 

一人60バーツくらいだったと思います。(ちょっと記憶が曖昧です)

 

3人で一緒に買いましたけど、

席はもちろんバラバラ。(笑)

 

乗り込むと、

 

隣の席には、インドから来たバックパッカーさんが座っていました!

 

アーちゃん(仮)としておきます。(笑)

 

アーちゃんは、タイを一ヶ月くらい放浪してるらしいです。

  

休憩してると、

「これ、いる?」

と何か、

「黄色い物体に赤いふりかけがかかっているもの」をくれました。

 

食べてみると、

かったいマンゴー with チリ

 

せっかくくれたので頑張って食べましたが、

自分では買わないと思います(笑) 

 

いろいろお話しして、寝て、気づいたらパタヤ到着!

 

f:id:shinuyaru:20170303115827j:image

 

そこには、ビーチ感のある景色が広がっていました!!

 

泳ぐ旅、3回目の水浴びの始まりです!!(笑)

 

2017.3.5 ツナ

バンコク Airbnbデビュー

ずーっと、Airbnb使ってみたいと思っていたので、

 

人が一緒にいる旅行ということで

 

今回デビューして来ました!

 

Airbnb、アプリを通して宿泊先を予約できるシステムで、

 

家全体、一部屋、シェアルームなどを

自分で選択して選ぶことができます。

 

私の考える勝手なメリットは、

ホテルよりローカル感を味わえるところだと思います!

 

例えば立地条件

 

かなり住宅街にあったりして、

英語が全く通じない屋台街が発見できたりします!

あとは、ホームステイのようなかたちの宿泊スタイルが選べたり、

シェアルームにすると友達ができたりすることもあるようです。

 

自分の用途に合わせて、部屋の種類を選べますが、
逆に言えばあまり注意していないで

思っていたのと違った!

ということもあるようです。

 

選び方がかなり重要だということですね!!

 

今回は3人旅だったので

シェアルームではなく、家全体を借りました。

 

 

感想は、

 

良い。

 

会社のようなところから鍵をもらう形だったので、

ホテルとそんなに変わらなかったです。

 

今回は会社でしたが、

家主が普通に待っていてくれたりする場合もあるようです。

 

 

事前にいろいろ調べていて、トラブルの記事などを読んでいたので心配ではあったのですが、

 

私が泊まったお家は、 

プールとジムがついている、ちょっと良さそうなマンションで、

 

シャワールームも、部屋も全て綺麗。  

タイの有名なクラブからも徒歩圏内でした!

周りには屋台街があったり、ローカルの人ばかりが来ているマーケットがあったりして、

駅からはすごく遠かった(徒歩25分)けれど、

総じて満足のいくデビュー戦でした!

 

ひとつ気になったこととすれば、

タオルとお水が人数分なかったことですが、

自分から言いに行ったら、すぐに貸してくれました。

(さすがにお水は、コンビニで買えと言われてしまいましたが(笑))

 

今回のおかげで、一人でもAirbnbデビューしてみようという気持ちになりました。

 

家全体ではなくてシェアルームなどだったら、

気軽にトライできそうだな〜!という印象。

選び方は、かなり重要だとは思いますが。!!!

 

リゾート地とかで、

すごくいいマンションを借りて、

ゆっくり過ごしてみたいです。

 

一人で旅行に行くときは、

ひたすら安いホステルを探すので、

たまにはこういうのも、

良いですね。

 

次はどこで使ってみようか迷います!

 

2017.2.23 ツナ

ルアンパバン Vila SomgPhong

ルアンパバンで泊まったホテルは、

 

アゴダで予約したのですが、

出発直前に予約できていなかったとの連絡。

 

 

急遽アゴダが決めたホテルに泊まることになりました(涙)

 

 

最初は、どうなるのかなーと不安に思っていたのですが、

 

むしろ私たちが最初に泊まろうと決めていたホテルより、
一泊1000円くらい高いところ。

 

内心、予約できていなくてよかった〜!と大きくガッツポーズしたい気分でした。

(金額はそのままだったので!)

 

泊まることになったホテルは、

 

Villa somgphong

 

という

メインストリートから徒歩圏内のホテルで、

 

立地条件も、朝ごはんも、

シャワールームも、

最高でした!

 

シャワーは、お湯が出ました!!

 

水圧もちゃんとありました。

 

朝ごはんは、

オレンジジュース、フルーツの盛り合わせに、

自分が選んだメインのおかずがついてきます。

 

f:id:shinuyaru:20170220173747j:image

これがまた、おいしい!!!!

 

(私は写真を撮り忘れたので、友達が撮ったものを拝借。)

 

他にも、ラオスの柔らかいフランスパンがついているものなど、

 

種類は5から10ほどあり、選び放題です!

大満足でした!!

 

ルアンパバンは、絶対にまた行くと決めているので、

次回もここに泊まりたいな〜と思うほどでした!

 

2017.2.21 ツナ

ルアンパバンのカフェ

一度してみたかったこと、

 

旅行先でゆっくり読書!

 

憧れていました(笑)

 

今回ルアンパバンで、

この夢を叶えるのに適しすぎているカフェを見つけ、

実践することができたので、

記録しておこうと思います!!

 

その名も、

Utopia(ユートピア

 

いかにも、

くつろげそうな名前のカフェですね!

 

場所は、少し奥まったところにあってわかりにくいです。

 

でも、それだけの価値があると私は思いました!

 

f:id:shinuyaru:20170217104051j:image

ぼーっとドリンクを飲めるし、

 

f:id:shinuyaru:20170217104147j:image

テラス席は、日もあたるし、

 

寝転がりながら本を読めるし、

寝られるし、

 

1日中居座りたいほどでした。

f:id:shinuyaru:20170218134102j:image

写真の撮り方が微妙で、その良さが伝わらないのが悔しいです(笑)

 

他にも読書をしている人や、寝ている人がたくさんいました。

 

一応カフェなので、ドリンクがたくさんありましたが、

自分から頼みに行かない限り店員さんは来ません。(笑)

 

そういうところ、大好きです。

 

タダでも居座れるかも?とドケチ根性が発動しそうでしたが(笑) 結局、オレオスムージーを頼みました!

 

ほのかにココナッツの味がして

すごく美味しかったです。

 

ボーッとして、読書して、少しお昼寝して、

居心地が良すぎて家かと思いました(笑) 

 

旅行は、1日中歩き回ることが多いですが、

たまにはこうやってゆっくりして、

リフレッシュするのもいいな〜と感じました。

 

これから旅行するときは、1日くらい読書の日を作ってみたいものです。

 

2017.2.18 ツナ

クァンシーの滝で泳ぐ

ルアンパバンには、

綺麗な滝が二つあります。

 

ひとつは、セー滝

もうひとつは、クァンシーの滝 

 

セー滝はに乗って回ることができるらしく、

クァンシーの滝は石灰で水が透き通るように綺麗らしく、

どちらにも行きたかったのですが、

今回は、クァンシーの滝へ行ってきました!!

 

計画は0からスタート!

 

とりあえずトゥクトゥク獲得のために、

メインストリートを歩き回りました。(笑)

 

すると、案の定、

たくさんのドライバーが声をかけてくれます。(笑)

 

私たちは安さを最優先にしようと満場一致で決めていたので、

結局トゥクトゥクではなく、

ミニバンで1人35000キップ(約350円)で行くことにしました!

 

かなりの値段交渉をして、

無理やりこの金額にしてもらいました(笑)

 

同じミニバンに乗っている人たちは

平均50000キップ(約500円)で乗っていたようです!

 

ミニバンで行ってみたものの、

トゥクトゥクの方が風を切りながら移動できて楽しそうでした!

 

あと、坂や山道を通るので、

トゥクトゥクでここ通ったら楽しそうだな〜という話も出ました!

 

 

 

だいたい1時間くらいだったと思います!

寝ていると、すぐに到着です!!

 

着くと、まずチケットを1人30000キップ(だったと思います)で

購入し、園内に入ります。

 

そこで、ツキノワグマちゃんを発見!

f:id:shinuyaru:20170216200717j:image

結構近くで見れますよ!

 

ふわっふわっ

遠くで見ているぶんにはかなり可愛いですね!(笑)

 

そこから、もう少し歩くと、、、

 

 

ばばーーーん

 

クァンシーの滝に到着です!

 

f:id:shinuyaru:20170216130451j:image 

超!絶!綺!麗!!!

 

こっちにしてよかった。

 

ほんっとうに綺麗です。

言葉では言い表せないほど!

 

こんな綺麗な水を見たら、

入らない選択はありません。

 

水着に着替えて、いざ出陣!

 

f:id:shinuyaru:20170217102719j:image

 

ちなみに、脱衣所とトイレは、

ラオスでは珍しく、汚いです。

なので、あらかじめ水着を着て出かけることをお勧めします。

 

 

実際入ってみると、結構寒い(笑)

 

天気は、タイのような湿度のある暑さをイメージしていたけれど、

 

ラオスは山なのかなんなのか、

過ごしやすい気温で、

朝夕はパーカー必須。

 

滝から上がるとがっつり鳥肌がたっていました(笑)

 

現地には3時間ほど滞在。

ミニバンは、その間待ってくれています!

 

3時間あれば、

泳いだり、屋台を食べたり

のんびり過ごすことができました!

 

ミニバンの滞在時間は交渉制なので、

他の乗客と運転手と意志を疎通しながら、

時間を交渉するのも楽しさの一つとなりました!

 

次回はトゥクトゥクで行ってみたいと思います(^O^)

 

2017.2.17 ツナ

 

ルアンパバン 散策

到着直後からルアンパバン観光!

 

まずは、ラオコーヒーを堪能しようと

Coconut cafeへ!

 

f:id:shinuyaru:20170213125421j:image

レモンタルト メレンゲつき と

ラオコーヒー アイス

 

コーヒーも美味しいし、内装もおしゃれで可愛いかったです!

 

f:id:shinuyaru:20170213125505j:image

 

空腹が満たされたら

ナイトマーケットへ!

f:id:shinuyaru:20170213125911j:image

食べ物よりも、服や銀細工がたくさん売っていました!

 

遠慮なく値切り交渉。

ベトナムに住んでいた友達の値切りのうまさにびっくりしながらも、

私も頑張ってトライ。

 

銀のピアスが最初の値段の3分の1くらいで買えました!いえーい

(最初高い価格提示しすぎ。(笑))

 

買い物をしたらお腹が空いたので、夜食へ向かいます。

 

向かうは、フレンチレストラン

 

ラオスは、かつてフランスに支配されていた歴史があり、

フランス料理が安くておいしい!

と聞いていたからです。

 

f:id:shinuyaru:20170210131144j:image

 ワイン と

 

f:id:shinuyaru:20170212102616j:image

パイナップルチャーハン、お肉

 

(フランス料理屋さんに入ったのに東南アジア感満載の食べ物ばかりを頼んだ私たちです。(笑))

 

その後、マンゴーともち米のデザートも食べました。

 

 

時の流れがすごくゆっくりで、

ただ歩いているだけでも最高。

 

気持ちいいです。

 

到着直後からすごく充実した1日目でした!

 

2017.2.12 ツナ